花山稲荷だより「花の山」

京都山科の花山稲荷神社のブログです。季節の花や山科のこと、日々の出来事などつづります。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

案ずるより行くが早し

おはようございます。花山稲荷の神主です。

 今日は肩の力を抜いて、趣味のお話。
趣味と言えば私は魚釣りがそれです。昨年12月以来です。時間を作って釣りに行きました。

 行き先は福井県小浜市の東部、正確には福井県三方郡方面。塩坂越(しゃくし)と言う地名の場所があります。車を停めて釣り場まで暫く山道を歩くのですが、途中にある小さな畑付近の佇まいが好きになって良く行くようになりました。釣り場自体はそのもう少し先の磯場です。
 海に行くこと自体が普段からの解放なのかもしれませんが、磯場はさらに非日常の世界があります。

 1月21日、夜半に出発し、現地には未明に到着。暫く仮眠します。この日は曇りだったので夜が明ける時間になってもまだ暗くて怖かったので明るくなるまで待ちました。このあたり解放でも非日常でも何でもありませんね(笑)
 午前7時前、十分明るくなったので着替えて、道具を持って釣り場へと進みます。道中先ほどの畑でヨッコラショ・・一服。

 磯場へは7時半前に到着。魚釣りをする人ならお解かりになるかと思いますが、海の釣りは潮の干満が大事です。この日は一番潮が低い状態(干潮)が午前7時40分ごろでしたから、到着時は干潮の限度くらいの時間でした。到着して海に向かって拝礼!パンパンっぺこり!なんといっても今年最初の釣りですから、ご挨拶はきちんとしないと・・・。
 この日は風もなく、予報は雨でしたが降ることもなく曇り。波も穏やかで暖かでした。
 ネオンも看板も街灯もない釣り場。昼間でもほかの釣り人が来なければ、人と言葉を交わすこともない。竿を持ち、浮きと糸から魚信を読み取る単純な作業の繰り返し。以下写真で~す。



マクラ3
写真真ん中付近に青いモノが見えます。私のつり道具一式

マクラ1
少し離れたところにその道具の仲間たち。

マクラ2
豪快。と言うほどでもないですが、ザブンザブンと波が寄せては返し、釣師としてはわくわくする雰囲気です^^


 この日の結果は、朝のうちに何物かが針に掛かり、竿を大きく撓らせての暫くのやり取りの後、針が外れて魚は逃げていきました。寒いので魚もバクバク餌には食いつかず、口先でちょんちょんしていたのでしょうか?針の掛かり浅かったようです。その後、午後3時まで釣りをしました。最終結果は如何に!?以下最終結果写真。。


マクラの獲物
 関西では「グレ」と呼ばれる魚。正式には「メジナ」という名前です。引き味がよく、水底へと突っ走るのでやり取りがスリリング。それゆえファンの多い魚です。

 朝からおよそ8時間。十分に海とのお話を満喫し帰途に着きました。帰りの道中では既にまた釣りに行きたい気持ちでいっぱいになっていました。

私に釣らてしまったあなた!針は決して外れませんのでブログランキングぽちぽち~
スポンサーサイト

| 海とお話 | 09:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

案ずるより産むが易し 魚釣り編

おはようございます。花山稲荷の神主です。

今年も残すところあと一月と少しになりました。うちは家内製工業みたいなものですから、ひっそりぼちぼち迎春準備にかからないといけません。

でも、火焚祭も終わったし、ちょっとだけ・・・ほんのちょっとだけ暇が出来るし、海の神様とお話でもしてこようかな~などと企んだりもしている今日この頃。

忙しいから行けない。ではなくて、忙しくても行く時間を作ろう。海の神様とお話っていうのは、私の場合、他でもない魚釣りの事。
人様から見れば、ただの道楽。
でも釣りに行きたいから頑張って仕事こなそう!こんなのもアリでいいと思います。ふふふ、お正月用の鯛でも釣れんかな・・・。

実は何年か前のこと。
年の瀬も押し迫った12月の20日くらいだったと記憶してますが、福井県のとある場所へお話をしに行きました。お話とはもちろん魚釣り。その日は潮が良くて、クロダイ、メジナ、カンダイ・・・仕上げは大きなマダイが釣れました。喜んで家に帰ると父(宮司)が一喝!

「このクソ忙しいときに何してるんや!釣るんやったら、暮れの暮れの30日くらいに鯛釣ってこい!」

根に持ったわけではありませんが、しゃか力でやる事を片付けて、12月29日にもう一回行きメデタク??一匹だけ鯛を釣った事がありました。
持って帰って見せたときの父の顔が今でも忘れられません(笑)。このとき、海の神様に呆れられたのか、味方についてくださったのかは私には分かりませんが、忙しいから行けないなあ・・だったら天然モノの鯛は手に入らなかったはず。案ずるより産むが易し。動けない、と決め付けて自分を縛るより、思い切って動き出せば案外すんなりと事が片付く。都合よく解釈すれば、ですが。

・・・しかしまあ、魚釣りを正当化するには大げさすぎるかな、あはは~。

| 海とお話 | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気分転換

昨日、休みを貰って海へ行った。趣味の魚釣り。

現地へは夜明け前に到着。釣り場まで、船で渡してもらう。
夜明け前のこの一瞬の時間、東の山の端からの日の出。なんとも美しい。
DSC_0019.jpg

スタートは心地よかったものの、日中は中秋とは裏腹に暑い暑い!
魚も釣れず、暑さとの我慢比べ。でも、敵わず正午に退散。別の場所へ移動した。
移動中、またまた綺麗な景色が目に飛び込んできたので、一枚。
DSC_0020.jpg

昼食後、充分に休憩を取って夕方から再開。でもやっぱり魚は釣れず・・・。
気が付くともう東のほうからお月様が昇ってきていました。ほんと、まん丸で綺麗でした。
DSC_0024.jpg

もう充分過ぎるくらいの時間、海と向き合ったので終了~。帰りの道中、まん丸なお月様をまた一枚。ちょっとピンボケ(笑)
DSC_0030.jpg

今日は、簡単な写真だけ。それではまた

| 海とお話 | 09:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。